読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

memopy

pythonで作ってみました的なブログ

Python3,Tkinter,sqlite3でGUIアプリ(家計簿ソフト)を作りたい ③データベースの実装

GUI Tkinter python sqlite3 家計簿

Python3,Tkinter,sqlite3でGUIアプリ(家計簿ソフト)を作りたい ③データベースの実装

今回は、sqlite3のデータベース部分を実装をする。

前の記事
Python3,Tkinter,sqlite3でGUIアプリ(家計簿ソフト)を作りたい。②設計編 - memopy

スキーマ設計

今回のアプリのデータベースとして2つのテーブルを設計する。
f:id:memopy:20170305221001p:plain

データベースの接続

pythonからSqlite3を使用するには、モジュールをインポートして、データベースに接続するだけで使える。

# -*- coding: utf-8 -*-
# filename: database.py

import sqlite3

# 空のデータベースを作成して接続する
dbname = "database.db"
conn = sqlite3.connect(dbname)
c = conn.cursor()

SQLの発行

SQLを発行するには、executeメソッドを使用して、SQLを発行する。
SQLは予め変数に格納しておくと、見やすく記載できる。

# itemテーブルの定義
ddl = """
CREATE TABLE item
(
   item_code INTEGER PRIMARY KEY AUTOINCREMENT,
   item_name TEXT NOT NULL UNIQUE
);
 """
# SQLの発行
c.execute(ddl)

# acc_dataテーブルの定義    
ddl = """
CREATE TABLE acc_data
( 
    id INTEGER PRIMARY KEY AUTOINCREMENT,
    acc_date DATE NOT NULL,
    item_code INTEGER NOT NULL,
    amount INTEGER,
    FOREIGN KEY(item_code) REFERENCES item(item_code)
);
"""
#sqlの発行
c.execute(ddl)

データベースのテスト

上記のデータベースに情報が登録できるかテストしてみる。

# -*- coding: utf-8 -*-
# filename: database_test.py

import sqlite3

# 空のデータベースを作成して接続する
dbname = "database.db"
conn = sqlite3.connect(dbname)
c = conn.cursor()

# itemテーブルの定義
ddl = """
CREATE TABLE item 
(
    item_code INTEGER PRIMARY KEY AUTOINCREMENT,
    item_name TEXT NOT NULL UNIQUE
);
"""
# SQLの発行
c.execute(ddl)

# acc_dataテーブルの定義    
ddl = """
CREATE TABLE acc_data
( 
   id INTEGER PRIMARY KEY AUTOINCREMENT,
   acc_date DATE NOT NULL,
   item_code INTEGER NOT NULL,
   amount INTEGER,
   FOREIGN KEY(item_code) REFERENCES item(item_code)
);
"""
#sqlの発行
c.execute(ddl)

# itemテーブル登録のテスト
c.execute("INSERT INTO item(item_name) VALUES('食費');")
c.execute("INSERT INTO item(item_name) VALUES('住宅費');")
c.execute("INSERT INTO item(item_name) VALUES('光熱費');")
c.execute("COMMIT;")

# acc_dateテーブル登録のテスト
c.execute("""
    INSERT INTO acc_data(acc_date,item_code,amount)
    VALUES('2017-3-1',1,1000);
""")
c.execute("COMMIT;")

# acc_dateテーブル登録のテスト(次は変数を使った登録)
date = "'{}-{}-{}'".format(2017,3,5)
code = 2
amount = 2000

c.execute("""
    INSERT INTO acc_data(acc_date,item_code,amount)
    VALUES({},{},{});""".format(date,code,amount)
    )
c.execute("COMMIT;")

# 最後に登録されているデータの表示して確認する。
# itemテーブルの表示
result = c.execute("SELECT * FROM item;")
for row in result:
    print(row)
# 結果として3レコード登録されているのが確認できた。
# (1, '食費')
# (2, '住宅費')
# (3, '光熱費')

# acc_dataテーブルの表示
result = c.execute("SELECT * FROM acc_data;")
for row in result:
    print(row)
# 結果として2レコード登録されているのが確認できた。
# (1, '2017-3-1', 1, 1000)
# (2, '2017-3-5', 2, 2000)

# acc_dataテーブルとitemテーブルを結合して表示する
result = c.execute("""
    SELECT a.acc_date, i.item_name, a.amount
     FROM acc_data as a,item as i
      WHERE a.item_code = i.item_code;
)"""
for row in result:
   print(row)
# 2つのテーブルが結合して表示されているのが確認できた。
# ('2017-3-1', '食費', 1000)
# ('2017-3-5', '住宅費', 2000)

次回は、GUI部分を実装する。

Python3,Tkinter,sqlite3でGUIアプリ(家計簿ソフト)を作りたい ②設計編

GUI Tkinter python sqlite3 家計簿 設計

Python3,Tkinter,sqlite3でGUIアプリ(家計簿ソフト)を作りたい。②設計編

今回は非常にざっくりだが、家計簿ソフトの設計をする。
いまいち、Tkinterで何ができるか把握しきれていないので、画面レイアウトは開発段階で柔軟に変更することにする。

前の記事
Python3でGUIアプリ(家計簿ソフト)を作りたい - memopy
次の記事
Python3,Tkinter,sqlite3でGUIアプリ(家計簿ソフト)を作りたい ③データベースの実装 - memopy

続きを読む

Python3,Tkinter,sqlite3でGUIアプリ(家計簿ソフト)を作りたい

python 家計簿 Tkinter sqlite3 GUI

Python3,Tkinter,sqlite3でGUIアプリ(家計簿ソフト)を作りたい。

 CUIアプリだったら簡単に作れるけど、やはりユーザーにとって使いやすいのはGUIアプリ。GUIアプリは、Excel VBAのFormでよく作っていたけど、Pythonでは(簡単に)作れるのだろうか・・・?

 ちなみに、開発環境はWindows10で。

要旨(開発方針)

  • 開発環境はWindows10
  • 家計簿ソフトを作る
  • GUIアプリ
  • バージョンは、Python3.6 (32bit)
  • すべて標準モジュールで開発してみる。

今回作りたいアプリ

 まずは、何を作りたいか。目的はGUIアプリを作ってみたい。本末転倒だが、題材はなんでもいいので、とりあえず簡単な家計簿アプリを作ってみることにする。というか、家計簿アプリだったら、Excel VBAのFormで充分な気もするが・・・。一応、クロスプラットフォームに対応させるためということに位置付けよう。

Pythonのバージョン

  Pythonのバージョンで微妙な違いがある。WEBの情報も、Python2系で書かれた情報だと、Python3系で動かないし、時々行き詰る。

 職場のPythonは2系だから、2系に使い慣れているんだけど、今後の大勢はやはり3系なんだろうか。print文に()をつけるのがめんどくさいが、今回は3系(最新は3.6か?)でやってみよう。

 別に、今回作るアプリに、4GBもメモリ食わせないので、32bit版でいいだろうか。

GUIを作る部分

 とりあえず、googleで「Python GUI」で検索してみると、次の3つがメジャーらしい。

  1. Tkinter
  2. PyQt
  3. wxPython

 Tkinterは、Python標準モジュールで、PyQtwxPythonは、サードパーティらしい。インストールとか大変なので、とりあえずTkinterから攻めてみて、限界を感じたら別のものを試してみたい。

データベース

 データベース部分はどうしよう。Excel VBAで作ってしまえば、シートにそのままデータを格納してしまえばいいし、Accessと連接させてもいい。GUI問題も解決。やっぱり、Excel VBAの開発性というか生産性はすごいと思う。WindowsExcelインストールされていないPCなんて今時ないでしょ?MacだってExcel VBA使えるし。

 脱線したが、DB候補は次の3つに。

  1. sqlite3
  2. MySQL
  3. PostgreSQL

 sqlite3は、標準モジュール。MySQLは前に大学の実習で使ったことある程度でPostgreSQLは職場で使っている程度。両方ともオープンソース。やったことないが、Pythonからも動かせる。

 GUIと同様に、とりあえず標準モジュールのsqlite3でやってみよう。

IDE(開発環境)

 開発環境ってなにがいいの?

  1. メモ帳
  2. IDLE
  3. Visual Studio
  4. PyScripter

 「男はだまってメモ帳!」といいたいところだが(笑)。。。なにがいいだろうか。IDLEは標準IDEだが、デバッグが大変。だが、職場ではIDLEしか使っていない。

 ほかには、Visual Studioとか商用大規模じゃなければフリーで使えるし有名だけど、インストールとか大変そう。というか、IDEの使い方を覚えるので体力消耗しそう。

 PyScripterは評判はいいけど、Python3.6に対応していない。調べてみると、2.7と3.4までは対応しているとか。わざわざバージョンダウンするのも面倒なので、標準(IDLE)で攻めます。

まとめ(開発方針)

  • 開発環境はWindows10
  • 家計簿ソフトを作る
  • GUIアプリ
  • バージョンは、Python3.6 (32bit)
  • すべて標準モジュールで開発してみる。

 

次の記事

Python3,Tkinter,sqlite3でGUIアプリ(家計簿ソフト)を作りたい。②設計編 - memopy

 

主にPython周りのメモ

ここ数年プログラミングをやってて、覚えてきたことも増えてきたので備忘録みたいなのを兼ねてメモ

 

ここ数年の流れ

Excel VBA 

 →仕事で使うエクセル周りの自動化

 →仕事でいつも見ているwebのスクレイビング

 →趣味的にFormでGUI作ってみたり

Python

 →仕事で使ってる地理空間ソフト(ArcGIS)のAPIPythonなので、同じく自動化として

これからやりたいこと

・趣味的にPythonGUIやWEBアプリ作りたい

C++でデータ解析(←通信大学の授業で2単位分)

JavaScriptとかやってみたいな